FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
こんにちは、こんばんは。お久しぶりの鳳です。


ほどろ堂の冬の新刊、「裏切り者の偶像―Brave hurt―」
ついに完成しました!
しかし、入稿したのはつい先週の事だったような気がします…(笑)。

早速、梱包を開けて撮影してみました。







ご対面


もっふりと、何か違うものが写り込んでしまいました。もうしばらくお待ちください。







尻尾付き

じゃーん。
…まるで別のゲームのリプレイ本のようです(笑)。
でも、ちゃんとダブルクロスのリプレイ本ですよ!
今回は「表紙詐欺」をテーマに好き勝手やってみたら凄いことになりました。
久流さんの住まわれる方角には足を向けて寝られません。

でも中は真面目に作っていますよ?
奥付でこんな遊びなんてやってません。


ドヤッ


やっていませんからね!?



今は過ぎ去ろうとしている2011年が明けてすぐの頃、
「Separate Color」のサイトマスターでもある久流さんが、こう切り出しました。

「新人さん用に“覚醒もの”をやってみようと思うんだ」

と。

「PCはオンラインゲームでは顔を合わせているけど、現実世界では誰なのかを知らない」
「覚醒してオーヴァードになったとしても、そう都合よく役目が分かれるとは限らない」
「だから、プレイヤーは他の人に相談しないでキャラクターを作ってほしい」
「その結果、支援PCオンリーになったとしても、そういう事もあり得るだろう」

結局のところ、新人さんとは都合の折り合いが付かなかったのですが
他のPL4人と久流GMの5人で、
2つの世界を跨ぐ高校生達の物語が紡がれることとなりました。

このセッションに於けるルールは2つ。
・PCは同じ学校に通っている高校生であること。
・PCは同じオンラインゲームのギルドに属し、互いの素性も知らず一緒に遊んでいる仲間であること。

ハンドアウトは1つ。
『オンラインゲームで顔を合わせている友人の様子がおかしい、悩んでいるようだ』

ただこれだけの接点。
ごく普通の高校生が、既に変貌していた世界を知る。
その世界の有り様を知って、なお。
危険を承知で、友に手を伸ばせるか?

それぞれに悩みを抱える高校生の想いと願い。理想と現実。
運命を翻弄する“悪魔”の囁きに、彼らはどういった決断をするのか?


「裏切り者の偶像―Brave hurt―」
B5版、表紙フルカラー、72頁、頒布価格500円。
12/29(木曜・1日目)東地区“D”ブロック-37a にてお求めいただけます。


看板娘によるチェック

なお、通販は12/25より受付を開始します。
ほどろ堂ウェブサイトの「刊行物案内」からお申し込み下さい。

こんなに早く新刊が届くというのは嬉しい誤算ですが、
看板娘(猫)によるチェックが終わり次第、関係者から順次発送させていただきます。


お隣、37bのarcanumさんからも、そろそろ新刊のアナウンスがあると想われます。
こちらもどうぞお楽しみに。

スポンサーサイト
2011.12.11 Sun l 発刊情報 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://pentagramstar.blog135.fc2.com/tb.php/39-4f435234
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。