FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
 いやはや、ご無沙汰しておりました。arcanumサイド・たつきです。
 夏コミ終わってから色々遊びにかまけて、イベントレポートすら書かなかった体たらく。皆さん、如何お過ごしでしょうかー……。

 何はともあれ、冬のC83につきましても申し込みは済ませました。と、今更ながらご報告をば。
 今回もほどろ堂さんと合同での申し込みです。夏につきましてはarcanumサイドは落選してしまいましたが、今度は無事、2サークルとも受かると……いいなぁ……(苦笑)

 まぁ、そんな本音は置いておきまして。

 来る8/31~9/2にかけて、横浜で行われましたJGC。アナログゲームの祭典に、当日参加ではありますが、僕、たつきはお邪魔させていただきました。
 ここのメンバーの中では実は、僕の住処は会場としてはコミケットよりずっと近いところでやっているにも拘らず、実は今回がJGCは参加でございます。

 てな訳で、事前準備も情報も、触りしか仕入れず向かいましたイベントの軽く感想などなど。
 完璧なJGC初心者であるたつきの、ライトなノリの感想ですので、内容については突っ込んだことを書いてませんので、その辺はご容赦ください。というところでひとつ。

 ではこの後は、追加記事でどうぞ。

 今回参加させていただいたのは、2日目午後と3日目。2日目は正午に地元で所用がありましたので、実際会場入りしたのは15時近い頃でした。
 ダブルクロスのデザイナーである矢野俊策先生のトークショー狙いと言う、ターゲット一本縛りで会場に到着したら、イベントから1時間以上前だと言うにもかかわらず、既に待機列は2列目になっておりました。

 待機の最中、すぐ後ろにいつもビッグサイトでお見かけするサークルの方がいらっしゃいまして、声をかけたところ、開催時間まで色々JGCのことやイベント、セッションのお話などしていただいて、待機中にもかかわらず楽しく過ごさせていただいたのは感謝の極み。
 その節はありがとうございました。突然挙動不審に声かけて申し訳ありません。等と、こんなところお礼を投げてみたり(汗笑)

 16時からのトークショーは、矢野先生を司会として、田中天先生、若林直美さん、中村やにお先生、稲葉義明先生、加納正顕先生、渋沢佳奈先生と言う面々でした。……が。正直申し上げて、中村先生以降の皆様は、要所要所でお話しして下さるだけで、専ら前者お二人がものすごく暴走していたという印象がですね……(笑)
 以前ドラ生でもお見かけしたお二人ですが。凄いテンションでした。リアルで見るともっと酷い(笑)
 稲葉先生と加納先生が
「これがね、セッション中ずっと続くんだよ。30分くらい放置して二人を疲れさせないと話が進まないんだよ。わかる?」
 と、しみじみと観客の皆様に告げていたのが実感こもってました(笑)
 
 トークショーは、前半はアカデミアやデイズ・ナイツのセッション風景や今後の展開についてのお話を中心に。本誌では語られることのないセッション中のやり取りについてのお話には、かなり会場から笑い声がおこってました。いやぁ、楽しそうなセッションで何よりですねホント(笑)
 後半は、10月に発売されると言うDXサプリメント『エフェクトアーカイブ』について。表紙絵も公開されていましたが、脚立に座るプランナーと、その横に立つミユキを差し置いて、奥にたたずむミネルヴァさんに超悶えていたのは僕だけじゃないはずだっ!(←ミネルヴァ好きなんです)

 ……何はともあれ。内容については、今までのエフェクトの調整だけかと思いきや、お話を聞くに、DX3.5と言っても差し支えないルールー改正が入る様子。
 同時期に発売される予定のデイズ・ナイツにも改正・追加ルール(この時はβ版でのセッションだったそうです)を扱っているとのことですので、此方も期待したいところです。

 抱腹絶倒に驚きの90分はあっという間に過ぎまして、折角なので物販スペースを見て回りました。
 TRPG関係の書籍や海外・国内版のボードゲームの販売、実演や体験。関連グッズや同人作品など、ほんの少々回っただけでもいろいろ体験やブースの方とお話、通りすがりの方と対戦などが出来て楽しめました。
 同好の士と言うことで、結構その場ですぐに対戦とかやって楽しめちゃうんですよねー。

 そして、ホビージャパン主催のサイン会は、一部の先生やゲスト様がバッグにサインをしてくださる。とのことなので、折角だからと1枚購入。この日は田中信二先生のサイン会のみ間に合ったのでいただくことにして帰宅しました。

 3日目は折角ですので朝から参加をしてみました。
 駅からずっと前を歩いていた方が、実はSNE代表の安田均先生だったということに会場エスカレーターで気づいて内心のけぞったことから始まり、この日は基本、サイン会狙いで会場入りしました。
 何かめぼしいフリー卓のゲームがあれば参加したかったのですが、時間の折り合いと、持っていない&経験のないシステムのセッションばかりだったのでそちらは残念ながら断念。次機会があれば、今度は飛び込んでみたいものです。

 サイン会については、時間以内であれば何度でも並んで書いていただけるとのことでしたので、調子に乗って
時間内に2,3週ほどお世話になりました。各先生申し訳ありません(ふかぶか)
 そちらの戦利品の一部が下記の画像のものになります。

jgc01.jpg  jgc03.jpg  jgc04.jpg
(各画像クリックで拡大)

 ドランバッグサインにつきましては、何とか5人の先生方に書いていただけました。1日とちょっとの参加にしては集められた方だと……思います。多分。

 しの先生のつかちゃんについては定番とは思いますが、マスターレイスこと日下部仁をリクエストする方と言うのはそうそういないんじゃないかなーと自分でも思います(笑)
 しの先生にも
「まるかわいくなっちゃいますけどいいのですか?」
 と、訊かれる程でしたが、そんな中でもいい感じに邪悪に描いてくださいました。ありがとうございました!

 その他、トワイライトに田中先生にサインをいただく際に
「口絵の見開き絵、初めて見たときしろー先生の冗談だと思ったんですが、本文忠実だったんですね」
 と感想を述べたら
「そうなんですよねー。まさかこれを忠実に描いてくれると思ってませんでした」
 とご本人が仰っていたのが印象的でした。

 もうひとつ、ムーンレスナイトにもしのさんからイラストをいただきました……が、これは何を描いていただいたかは割愛させていただきます。ふはは。

 と、まぁ、吶喊で参加させていただいた割に、楽しませていただきました。
 サイン会の待機時にも、その他の参加者の方とお話したりして、色々面白いことを聞けたり。次回参加の参考にもさせていただけたかなと。

 次回また時間があれば……今度こそは卓参加を狙いたい、です。先ずは当日参加で(笑)

 そんなところで、今回のレポートはこれにて。
スポンサーサイト

2012.09.03 Mon l たつき l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://pentagramstar.blog135.fc2.com/tb.php/52-dea59c9f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。