FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
こんばんは。arcanumサイド・たつきです。
……えと。まずは冬コミ当選いたしました(取ってつけたように)
そちらの告知はまた後日行わせていただきますとして、今回は別のイベント告知となります。

12/10 東京ビッグサイトで行われます刀剣乱舞オンリー『閃華の刻-年納-』内・刀剣乱舞×TRPGプチオンリー『賽の目乱舞っ!!』に、サークル参加いたします。
今回Croix+Kreuz様と合同となりますので、サークル名は『Croix+Kreuz&arcanum』での参加となります。
スペース番号は『東7ツ61a』となっております。よろしくお願いします。

閃華18カット プチカット

サークルカットは以上の二つ。左がイベント用で、右がプチ用カットです。
どちらも鶴丸と御手杵のツートップ仕様なのできっとわかりやすいかと。珍しい取り合わせですからね(笑)

そして、arcanumサイドの頒布告知です。
今回、11/3に川崎で行われましたFar East FESTIVALで先行頒布しました、ダブルクロス:刀剣乱舞リプレイ『問おう。お前のある意義を』の本格頒布と、その続編である『さよなら、在りし日。』をイベント新刊としてご用意させていただきました!

詳細は折り返し先でどうぞー。

問おう。お前の在る意義を さよなら、在りし日。
(各サムネイルクリックで拡大)

ということで、各表紙は上記となります。
『問おう。お前のある意義を』の方の概要はこちらを参考にしていただくとしまして。今回はその続編である『さよなら、在りし日。』の概要を軽く告知させていただきます。

シナリオトレーラー

それは、もしかしたらあり得る可能性のひとつで。
それでも、我々が見るべきではない何かであってほしい、と。
──きっと。そう願っていた。

……誰もが、すべてが。己の信じる先をつかめればいいのに。
それは嘆きであったのか。諦めであったのか。

だから──さぁ。我らが進むだろう、ひとつの結末を語ろう。

Double Cross the 3rd Edition Stage:刀剣乱舞

『さよなら、在りし日』

ただ一筋の“真実”を、いくつもの筋でなぞり糾す我々の先は。
──果たしてどこに、未来を視るのか。


過日より半年ほどたった桜羽本丸に、政府から通達が入る。
初期刀である陸奥を連れて訪れた政府施設で、桜羽は、一人の男士と邂逅する。

同じころ、本丸で留守番をしていた鯰尾は、骨喰に密かに頼みごとを受けることになった。

また、その日、薬研は夕刻に本丸の離れで、白昼夢として。
御手杵は明け方に悪夢という形で見る、とある光景に悩まされていた。

そして──鶴丸もまた、この本丸に訪れた“異質”を目の当たりにし、かつて己の身にあった出来事を再度反芻することになる。

ほんの少し変わった本丸の在り方。
そして、きっとどこであろうと、ありえるかもしれない、審神者や刀剣男士たちの未来。

穏やかであった本丸の日常は、些細なきっかけで、またも違う光を帯びていくことになった。



──という具合に物語は進行していきます。

先に注意しておきますが、今回のシナリオは前回と違い、樹のオリジナルとなります。
そのため(というわけでは決してないのですが)我ながらかなり展開に容赦がありません。
その辺を踏まえてお楽しみいただければと思います。

その辺どんとこいだぜ! という方はきっと楽しめる……といいなぁ! などと今更ながらびくびくしつつ。
Double Cross the 3rd Edition Stage:刀剣乱舞 リプレイ『さよなら、在りし日。』
A5 p114 頒布価格\600-

前作の『問おう。お前のある意義を』と合わせてお楽しみいただけますと幸いです。よろしくお願いします!

その他、オリジナルになりますが、多少サークル既刊も持ち込む予定です。
ただし、今回はほどろ堂様頒布物の取り扱いはありませんので、ご了承ください。

それでは改めまして、12/10ビッグサイトでお会いいたしましょう。よろしくお願いいたします!
スポンサーサイト

2017.11.21 Tue l 発刊情報 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://pentagramstar.blog135.fc2.com/tb.php/99-65c376c9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。